2010年02月25日

斬撃のレギンレイヴ(ザンゲキのレギンレイヴ)

しばらくぶりです。

最近は、Wiiで話題の「斬撃のレギンレイヴ」にどっぷり嵌っております。
Wiiって、どのソフトをどのくらい遊んだかが解るようになっているのですが、この斬レギ、マリオ家に来てまだ数日なのに既にプレイ時間トップ3に入ってきています。うーん1位になるのは時間の問題。





アマゾンにも軽くレビューしましたが、コチラでもオススメしときます。個人的にはモンハンよりも面白い。


斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)(特典無し)

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)(特典無し)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game





「斬撃のレギンレイヴ」レビュー

タイトルからして、掴み所の無さが感じられるこのソフトだが、まさにその名の表す通りで、軽く説明書を読み飛ばしてヌンチャクとリモコンを構えただけでは、そう簡単に遊ばせてはくれないことは確か。

ヌンチャクでの移動、特に神速と呼ばれるダッシュ移動に、誰もがまず手こずるだろう。一体感を得るような動きをマスターするまでは、殆どのプレイヤーがそれなりの時間を要する事になると思われる。

リモコンで行う攻撃も、武器固有のリーチや操作の違いを理解する事は勿論、モーションプラスの感度などを自分流にカスタマイズせねばポテンシャルが引き出せない。これは何度もオプション画面で微調整しながら自分にあった操作スタイルを会得してゆかねばならず、ライトユーザーの多いWiiでは危険な賭けにも見える。

その他にも細かい不満は、ロードが少し長いこと・ゲーム中のシーク音が気になる事・オートセーブが無い事(これが一番不満)などなど幾つもあげられる・・。はっきり言って荒削りな部分が多い。


しかし!!!


それらに目を瞑れば本作は満点以上の作品なのだ!

マイナス点を無かった事にし得るほど、敵に攻撃をヒットさせた瞬間の快感が素晴らしい、Wiiリモコンの小さなスピーカーから響く斬撃音と、手に直接伝わる振動の手応えが、圧倒的な臨場感を生み出す。例えば、杖による光弾を放つ時の僅かな振動や、弓を引いたときの綱のキリキリ鳴く音など、作りこみ方が半端じゃない。
臨場感と言えば、戦闘中にNPCがとにかく喋る、余計な事までベラベラベラベラ・・・、かつてコレほどモブキャラクターに力を入れたアクションゲームがあっただろうか?まるで宮崎アニメのモブキャラの如く、人間味溢れる存在感で共に戦ってくれる。ストーリー後半ではコレが否応無しに物語を盛り上げる。
そう言えば本作は処理落ちも激しい、大量の巨人勢に囲まれると、まるで映画のワンシーンの様にスローモーション化する、この処理落ちは狙ったのでは無いかと勘ぐってしまうほど秀逸だ、だからマイナス要素ではなくむしろプラスに働いてしまう。これはこの作品が持つ力技だと感じる。
さらに武器集めも半端無く多量で、遊びつくせるかさえも危うい程のボリューム、武器を変えるたびに常に斬新なプレイが楽しめるから、何としてもコンプリートしたくなるのはゲーマーの性か。
そして腕が上達すると、敵を部位破損させて、追加の結晶をゲットするような遊び方にシフトしてゆく、結晶はそのまま新しい武器の材料になるため、ストイックに手足を狙うのが非常に楽しい作業となる。

しかし何よりWiFiでのオンラインプレイは、あの『モンスターハンター』のそれを凌ぐほどの面白さ、そして無料!何度も何度も繰り返し遊びたくなる中毒性は本当に生活に支障が出るレベル。


このソフトからは昨今のゲーム界に不足していた圧倒的な斬新さと、爽快感、臨場感、めくるめく興奮、心揺さぶられる熱いストーリー、圧倒的なボリューム、繰り返し遊びたくなる衝動が溢れており、そして何より製作者のゲームへの深い愛情がヒシヒシと伝わる。

Wiiで出来る事を突き詰め、荒削りながら独特の世界感に落とし込み、見事一つの作品へと昇華させた開発会社サンドロットと任天堂には、心から尊敬の念を込めてこのゲームを傑作と評させて頂きたい、安易な続編物や使い古されたシステムを、豪華なムービーで飾りつけるファンタジーの世界観は、もはや過去の遺物と思われていたが、この作品からはゲームの新しい地平が伺える、荒々しいながらも希望に満ち溢れた素晴らしい傑作だ。本当に面白い!









僕はこっちのサントラ付き買えました♪

これは、ちょっと早いけど今年のベストゲームですわ。
posted by スーパーマリオ at 14:11| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 新しき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。