2011年07月28日

3DS!1万円値下げ地獄!!

いやぁ、びびるわ3DS!

震災の少し前に発売という最悪のタイミングだったとは言え、やはり身の廻りに所有者が見当たらなかったのは僕だけじゃ無かったようですね。任天堂としては『64DD』『バーチャルボーイ』と並ぶ完全失敗ハードでしょう。うん。

先日、ジャスコの試遊コーナーで娘と触ってきましたけど、やっぱ全然魅力が無いよね、アレ。
ずっと任天堂フリークの僕でも、3DSはキツイと思う。


まず、裸眼立体視の視野角が狭すぎて、プレイヤー以外は3Dを見ることが出来無い事はかなり厳しいと思う、携帯ゲーム機とは言え、人が遊んでるのを横から眺めてあーだこーだ言うのってDSの時から結構あったでしょ?あれが出来ないんですよ。ここは早急に視野角の広い立体視液晶モデルを開発すべき。技術的に出来るのかは知らんけど。

さらに、その立体視自体は実は全く子供騙しなレベルでしか使われておらず、『だから何?』な感想を持ってしまうのも残念。『スターフォックス64 3D』『ゼルダ』『ニンテン犬』を遊んでみたけど、これはまるで映画『スパイキッズ3D』みた時の感じに限りなく近かった、『だから何?』ってやつね。
例えばジャイロセンサーを生かしたFPS風の対戦ソフトや、立体をもっと実感できるソフトが欲しい所。立体を実感と言えばそもそも立体視できる3D液晶が上画面で、タッチパネルが下画面と言うのも歯がゆい、例えば『ニンテン犬』なら、DSの前作では下画面に表示されるワンコを直接タッチ出来たのに対し、3DSなら下画面のシルエットをタッチすることで上画面のワンコに触れると言う残念仕様、これは本当本末転倒、『ニンテン犬』の本来の楽しさを履き違えているとしか思えない。

だいたい名前がセンス無い、なんだろ『ニンテンドー3DS』って!インパクトが無いというか、駄洒落っぽいのが寒いと言うのか。。。。
実際『ニンテンドーDS』シリーズの単なるバージョンUP(DS→DSライト→DSi→DSiLL)の延長線上の機種なのか、全く新しい新ハード(GB→GBA→DS→3DS)なのかが不明瞭なのでブランドイメージが浸透していない感じするんだよな、世間は『DSの3Dバージョン出たんだ』くらいの認識なのではないかなぁ。それはDSiLLが『画面のでかいDS出たんだぁ』と思われたのと大して相違ない様な感じ。


ここは新ハードなんだし、25,000円の強気プライス(当時)だったのなら、もっと熱い名前付けて欲しかったわ、例えば『スーパーバーチャルボーイ』とか『ウルトラゲームボーイ』とか『3Dドラゴンファイヤーボーイ』みたいなね・・・・・・・なんだよ『ニンテンドー3DS』って、アホなの?死ぬの?




ま、結局15,000円に下げる羽目になったんだから、『DSシリーズ』として売るには消費者の同意が得られ易い価格に落ち着いたと思いますよ。
しかし名前もセンス無ければCMも『嵐使っときゃアンパイ』みたいな情報弱者釣りの金儲け主義が出てたのが本当に残念、株価の下落もトンでもない事になってるみたいだし、こりゃ社長の進退に発展してもおかしくないわなぁ。。

札幌出身の岩田社長!がんばれ。
posted by スーパーマリオ at 18:29| 北海道 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 新しき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

ゴールデンアイ 007

取り合えず、オフでは2ステージほど遊び、後はオンライン漬けです。

操作方法に『リモコン+ヌンチャク』・『クラコン』・『GCコン』・『ザッパー』が選べるんですが、基本デフォルトっぽい印象の『リモコン+ヌンチャク』はかなり癖があって操作が難しいですわ。
オフのストーリーモードなら雰囲気重視で楽しみながらいけるけど、オンラインだと振り向くのに時間かかりすぎ&標準あわせにくいんで、狙撃以外は無理ゲーです。

んな訳で、僕は『クラコン』でオンプレイ中。

まず、一見は64と比べると全然違います、ステージも全く新しい物になってるし、アイテムが落ちてる仕様も廃止、防弾チョッキもないです。

んで、ステージは64での伝説的な名ステージの再現が無いのは残念。化学工場のトイレや寺院での神々しい戦いなどが再現できないのは素直にショックでした(プレイしてゆくとアンロックで出るのかもしれませんが・・・・。)、そしてアイテムが落ちている仕様がなくなり、戦闘開始前に装備アイテムをカスタムして突入する仕様に変わりました、ま、これはそれほど違和感はないかな、敵を倒せば新アイテムのドロップがあるので、そういった武器変更は出来るし、別に問題ないです、ぼくは。
んで、防犯チョッキ。個人的には64版の防弾チョッキは要らない派だったので(あれがあるとチョッキ周辺に集まりすぎる)、チョッキに関しては無問題です。
その代わりに、体力はしばらく物陰に隠れてジッとしていると回復するナメック星人仕様。これは中々ゲーム性を高めており好評価ですぞ。



以上の点が取り合えず第一印象で変化に気が付くポイント。

単刀直入に申し上げて、本作は最高に面白いです。64ステージの廃止が無ければ100点満点の作品。
その64ステージの有無をどう取るかは人それぞれな感じでしょう。僕はもちろん残念ですが、新ステージも遊び込めばかなりの面白さで、『64ステージ、あれば良かったな・・・』程度の感じです。ま、少し減点で95点くらいかな。僕は。
ここでガッツリ減点しちゃう人の気持ちも解りますけどね。


そんな新ステージは007特有の『隠れて撃つ』の要素が充分に引き立たせられる作りになっており、毎バトルごとに盛り上がれるのは64版の頃の懐かしい感覚が上手く再現されています。
でもスパイと言うよりも、若干戦争っぽい感じになってしまうマップもあるけどね。

ラグや遅延も我が家のバッファロー無線LANの環境で、それほど無く快適ですし、マッチングも速攻で8人集まり、抜けてもすぐに埋まる為、常に白熱バトルが絶え間なく繰り返されます。
画質もD端子でHDテレビに接続してますが、結構綺麗ですよ。そもそも画質やグラフィックにはこだわりがないので、そういう人なら問題ないレベル。
強いて言えば、レギンレイヴの時の様な簡易チャットも無いため、殺して、殺して、また殺すだけの殺伐とした状態が続くのは何とも男仕様な作りだなぁと思います。いい意味でも。悪い意味でも。

始めは世界中の猛者達に全く勝てませんでしたが、少しづつ自らの戦法と勝ち方が解ってきました。

そこで突然ですが

マリオ的Wii版『ゴールデンアイ』テクニック

1. 立ち止まるな!

まず、常に走りましょう、できれば常時ダッシュで。立ち止まる事は死と隣り合わせです、どのステージも高低差がある為、自分の目線の水平方向だけを意識していても狙われています。高いところも低いところも危険です。水平線はもっと危険です。走ってダメージを軽減する術を習得するのがまず第一歩です。

2. 見失うな!

バトル中は常に全員がめまぐるしく動いています、一番の狙い目は動き回る相手の後ろから銃撃するタイミングです、高低差を上手く利用し何も知らずに後姿を見せながら移動する敵を見つけ、ダッシュで忍び寄ります、そして背後から銃撃する術を身に付けるだけで、結構キル数が増えるはずです。遠くから狙うのではなく背後へダッシュで忍び込む感じで行くと意外と上手くいきます。


3. 無駄弾を撃つな!

敵の(自分も)レーダーには発砲しない限り姿が映りません、ですから、『2. 見失うな!』で触れたようにギリギリのタイミングまで発砲せずに接近しましょう。そして発砲した際には周りの敵にも自分の居場所が割れたと思って間違いありませんので、キルの成否に関わらず『1. 立ち止まるな!』の如く、ダッシュにて逃げてください。銃撃戦では3〜4発撃って、その場を立ち去るのが基本くらいの心構えで良いと思います。


4. 殴れ!

接近戦では、無理に狙撃するよりも、確実に相手の懐に飛び込んで『直接攻撃』で殴りかかる事も大切。変に撃ち合っていてはお互い中々弾が当たらず、援軍に狙撃される事も多いので、一気に相手の懐へダッシュして直接攻撃するのもかなり有効ですたよ。


以上4点は抑えておいて損の無い戦略だと思いますので、どうぞ参考までに・・・
posted by スーパーマリオ at 13:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

何か色々買ったな

まずはWiiの『ラストストーリー』


なんかFFを作った人が命がけで作った的な気合の入った作品らしいけど、1000円だったので買ってみた、FFも、その作った人にも全く興味のない僕ですが、アクションRPGとして、このゲームの戦闘はとっても楽しいですな、なんか酷評されて一気にワゴン行きだったようですが、そこまで悪くないね、うん。オンライン対戦は未プレイだけど、後述の理由でやらんかもなぁ。。。



んで、次はCD。




個人的には世間の過小評価ぶりが納得できない天才、細野晴臣の新作『HoSoNoVa』、嵐とAKB48とKポップに塗り固められた日本のレコード界に燦然と輝く大傑作ですな、何度聴いても飽きない、聴けば聴くほど癖になる10年後も絶対に手放さないような作品。ホントこういうCDが売れないと音楽界だめになっちゃよね。



そして昨日買ったのが




ゴォォォォーーーールデンアイ!

そうWii最期の(笑)大作!『 007 ゴ−ルデンアイ 』でござる
 
うわこれ本当面白いわ、いや64のGEとは結構違うんだけど、テイストは再現されてるし、これはこれでありでしょうね。ってかオンラインが面白すぎ。まだまだヒヨッコなんで死んでばかりだけど、64版の興奮が舞い戻ってきましたぜ!

先のラストストーリーは本作で完全休止状態。いやぁ、おもしろい。



posted by スーパーマリオ at 18:51| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。