2006年11月27日

歴史

RedStone 06.11.27[00].bmp

俺はマリオのメインキャラ。

訳あって名前は伏せさせてくれ・・・。

今日は少し歴史の勉強だ!














643  645年・・・・

kamatari_samurai.jpg

中臣鎌足が大化の改新を行う・・。














1969年・・・

123.jpg

アポロが月面に着陸・・・。













1989年・・・・・

bwall1.jpg

ベルリンの壁が崩壊・・・・。

















そして2007年・・・・・・。















歴史が・・・・


jojo.gif


















動いた・・・・・。



107249993.jpg

ケロ・・。












〓〓[ ` RedStone 06.11.27[00].bmp



この画像に歴史が有るッ!!!!












??±´¢.bmp



強く・・・、なる!










RedStone 06.11.27[00].bmp

【完】



posted by スーパーマリオ at 21:25| ⛄| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ま・・・まさか・・・!




大化の改新は645年だと思っていたのに・・・っ!
Posted by セラ at 2006年11月28日 21:48
大化の改新といわれる一連の改革は、日本書紀編者による創作ないしは後世の過大評価であるとし、その存在を疑う説もある。また、大化の改新に関してはいくらかの疑問点がある。

詔の発布日が春正月甲子朔すなわち正月一日である点。年の変わりに詔を出す事は余り無く、正月一日に発布された可能性が少ないのではないかと言う指摘がある。
「郡」(こおり)と言う用語が用いられるのは、大宝律令制定以降、それ以前は「評」(こおり)を使っていた文書(木簡類)が見つかっている。
詔の第一条で公地公民、(私地私民の廃止)をうたっていながら伴造(とものみやつこ)、国造(くにのみやつこ)が所有する部曲(かきべ)や田荘(たどころ)の領有権は認められていた。
戸籍、計帳、班田収授は大宝律令で初めて見られる用語であり、それ以前の文書には出てこない。
元号が飛び飛びであり、元号が無い時代が存在する。実際に元号制度が定着したのは大宝元年からであり、それまでは元号制度が存在したか疑わしい部分もある。
蘇我蝦夷、蘇我入鹿親子は死んだが、大化の改新で、いとこの蘇我倉山田石川麻呂は右大臣になっており、蘇我氏は、大化政権にとっても未だ蘇我氏は無視できない勢力を保っていた。孝徳天皇4年、石川麻呂は冤罪で自殺に追い込まれているが、これも大化の政権の政権基盤が脆弱だった可能性を示している。そして、一度蘇我氏の勢力圏の飛鳥から難波宮に移動しながら、蘇我氏の勢力圏である飛鳥に再び戻っている。天智天皇の時代になってようやく、飛鳥から近江へ朝廷を移すことが可能になった。しかし、壬申の乱で、大海人皇子が勝つと再び朝廷は飛鳥に戻っている。天皇家が飛鳥の地を離れられたのは694年の藤原京への遷都からであり、大宝律令が発布されたのは701年である。
以上の点から、大化の改新と同様な改革が行われたが、定着するまでにかなりの時間を要した可能性が高く、中大兄皇子は氏族内の内部対立を利用して、勢力をそぎ、天皇家の力を伸ばしていった可能性が高い。律令制度が定着したのは、大宝律令からであり、その大宝律令と重ね合わせて解りやすく『日本書紀』には記述した可能性が高い。これは藤原不比等の功績を高く評価する為とも考えられる。








つまり 645年だよねw  間違えて打ってらww俺w
Posted by マリオ at 2006年11月28日 22:27
というか、古豪復活=う○こだったてことが、
自分的には歴史的新事実と言うに等しいw
勉強になったよ!
Posted by okku at 2006年11月30日 01:52

う○こ 

○の中は個人の自由で当てはめるッ!


Posted by mario at 2006年11月30日 06:26
アルバイトはじめました+.(・∀・).+☆ http://www.e29.mobi/
Posted by age at 2012年01月14日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28402295

この記事へのトラックバック